性病の検査結果

性病の感染が疑われる場合、まずは検査をすることで真意を確かめなければなりません。
しかし、性病検査ということで尻込みしてしまい、医療機関に行くことにためらってしまう人は多いのではないでしょうか。
そこで現在注目されているのが性病検査キットと呼ばれるものです。
これは医療機関に出向くことなく自宅で検体を摂取し、検査機関に郵送して検査をしてもらうものです。
しかも匿名での検査が可能になっていて、検査結果はメールなどで確認することができます。
大変便利なものですが、気になるのは検査の信頼性だと思います。信頼性が低いようでしたらいくら便利でも使えないですよね。
実際、医療機関でおこなう場合と性病検査キットを利用する場合の信頼性を比較すると、医療機関でおこなうほうが高いとされていますが、検査がうまくいかなかった場合の理由は、検体採取時の方法に問題があった場合が多いようです。
やはり医者がおこなう場合と素人である自分自身がおこなう場合では違いが出て当然だと思います。
しかしこれらはごく一部であって、説明書の手順通り注意して検体を摂取している場合は正確な性病検査結果が出ているようです。
病院で治療をしたくない方は、抗生物質をネット通販で購入することもできるので利用してみてはいかがでしょうか。

セックス感染率が高い毛じらみの激しいかゆみは危険なサイン

デリケートゾーンが異常にかゆい、違和感を感じている人はすぐに検査に行きましょう。放っておくと使用済みタオルなど衛生用品からも家族へ移り、むしばまれてしまいます。

このかゆみはなんだろうと思ったら周りとパートナーと自分のために必ず検査して

パートナーと最近セックスしたあとにおかしいくらいのかゆみが出たら毛じらみを疑ってください。しらみの一つとして知られる毛じらみはヒトの毛に付いて血を吸う昆虫ですが、彼らのやっかいなところは毛同士が触れ合ったときに移動して新しい毛にも住み着いてしまうところです。セックスではもちろんのこと、毛布やタオルなどの生活にかかわるものからの感染も大いにありうるめんどうな性病なのです。

男性と女性どちらにも同じ症状が出ます。主に陰毛に寄生するといわれますが、隙あらば髪の毛やわき毛、胸毛やひげにまでくっついてしまいます。かゆみをあまり感じない人もいるようですが、赤黒い点状のしみがあれば彼らの糞である可能性が高いので要注意です。見た目にはフケのように見えますが立派に生きており、対処するには病院へいき薬剤やパウダー・シャンプーなどで治すしかありません。

他の性病とはちがい、しっかりとした予防策がありませんので、もしかしたらと感じたらすぐに検査して治しましょう。毛じらみを持っている人とセックスしたかもしれない人は、他の性病も移されていないか、念のためのチェックもしておいてくださいね。

新着情報

◆2015/10/07
性病の検査結果の情報を更新しました。
◆2015/08/26
サイトマップの情報を更新しました。
◆2014/05/14
運営者情報の情報を更新しました。
◆2013/01/28
自分でできる検査方法を新規投稿しました。
◆2013/01/28
危機感が無いと感染するを新規投稿しました。