危機感が無いと感染する

最近日本では、性病は増加傾向にあり、とくに若年層への感染の広がりがみられ、10~20代の若者における性病患者の増加がとても問題になっているようです。
パートナーを特定しない、またはコンドームを使わない性行為がまん延しているためだといわれています。
性病は感染後、自覚症状がほとんど出ない場合も少なくなく、気づかないまま過ごしているケースもよくみられます。
そのような状態で性行為をおこなうと、知らない間に相手に移してしまい、大切なパートナーの体、そしてなにより大切な信頼をも傷つけてしまいます。
特に注意が必要な性病はクラミジア感染症で、感染率は年々上昇しており、感染率15%は世界でも最悪だそうです。
このことは、いかに人々が性病に関して危機感がなく、予防に対して無関心であるということがわかるでしょう。性病なんて、ごく普通に生活している人には関係のない病気であると信じている人も少なくはないはずです。
しかし、今や性病は極めて身近な存在であり、加害者にも被害者にもなりうる現代の流行ともいえます。
日々の生活の中で、性病検査キットなどを使って定期検診を自分自身でしていかないといけない時代になったのかもしれません。